駒沢の住宅

築30年を超えたマンションのリノベーション。

無垢材のフローリングや建具、チークの古材を使ったオリジナル家具、インド産の大理石を貼った水廻りや

天然顔料の塗装など、石油由来の素材を廃し経年後風合いが増すものを使用した。

住宅は変化していくものと捉え、最初に余白を残した上で器となる部分を完成させライフスタイルの変化に合わせ

​少しづつ手入れをしている。

IMG_2400.JPG
IMG_2396.JPG
IMG_2395.JPG
IMG_2394.JPG
IMG_2393.JPG
DSC_1579.jpeg
DSC_1597.jpeg
DSC_1592.jpeg
DSC_1599.jpeg
DSC_1588.jpeg
DSC_1610.jpeg
DSC_1570.jpeg

LOCATION : setagaya TOKYO

YEAR : 2012

Area : 65㎡​