Parfeit

古いコンクリート造のビルを会員制のコミュニティラウンジへリノベーション。

アーティストや起業家、作家などさまざまなジャンルの人たちが交流し、新しい物や事を生み出す場所。

 

テーマは1800年代の西洋と東洋が混ざり合った南アジアのコロニアル文化が発達した時代の邸宅。

奇跡的に見つかった希少な当時のアンティーク家具を基にイメージを膨らませ空間を設計した。

床の石材、フローリング、タイル、木製のカウンターや建具、階段の手すり、取手、モールディング

から巾木に至るまで表層の仕上材のほとんどの物をインドにてオリジナル制作している。

アンティークで揃えきれない家具は、当時の意匠、素材、技法を紐解き、現代の用途に合わせてリデザインした。

制作にあたっては現地の職人達と調整を繰り返しながらシルエットや色味など決定した。​

001.jpg
004.jpg
003.jpg
002.jpg
005.jpg
007.jpg
008.jpg
006.jpg
012.jpg
009.jpg
010.jpg
011.jpg

LOCATION : kanda TOKYO

YEAR : 2019

Area : 260㎡

​Photo: Atsushi Ishida (IPS)

[​インドでの制作風景]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_37e_edited.jpg
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3ec_edited.jpg
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d8a_edited.jpg
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3ef_edited.jpg
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d6b_edited.jpg
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d5d_edited.jpg